フォト

hanahanaのテディベアがいるお店

  • タイムロマンさまのHPです
  • rittibearさんのホームページです
  • "hanahana"直営のSHOPです
  • "theodooll"様のwebサイトです
無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月29日 (火)

hanahanaのショップopen中

2先ほどショップをオープンしましたhappy01

この前ご紹介したダブルネックジョイントのパンダちゃんを加え、少し前からおうち探しをしてた子たちもお待ちしております。

今回はWジョイントなので、首がクラクラと動きます。

お好きな角度に動かすことができますflair

首のレース位置を調節すれば、好きなポーズをたもてるかと思います。

   hanahanaのテディベアSHOP

ぜひ、お越しください。

お待ちしておりますsign03

11

にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへ
にほんブログ村  ぽちっとお願いしますheart04

2013年1月27日 (日)

Wジョイントのパンダちゃん

1

ここ何日か、首がWジョイントのパンダちゃんを作っていました。

プレートを下げたこの子はにっこり笑顔の子。

10_4


そしてもうひとりは、ちょっと無表情?何を思っているのでしょう。

こちらは、少し着色して古っぽい風合いに仕上げてみました。

どちらもいつものアルパカではなく、ちょっとゴワゴワした手ざわりのモヘアです。

さて、どちらの子がお好みですか?

近いうちにネットショップでおうち探しを考えてます。

準備ができたら、またお知らせしますnote



2013年1月23日 (水)

Ritti Bear さんにアップです

本日からRitti Bear さんにパンダちゃんが3体アップされてます!

前にも書きましたが、撮影するのを忘れてしまったので、ぜひホームページに会いに行ってくださいね。

      こちらです→Ritti Bear さん

今見たら、早くも一人sold になってましたshine

見つけて下さった方、どうもありがとうございましたheart04

さて、ここのところ大きな用事もなく、黙々と作り続けてました。

そして、とっても私好みな子が生まれました。

Imag0507

おめめくりっと、ちょっとムッチリ。

おめかしも楽しみです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへ
にほんブログ村        ぽちっとしていただけると、うれしいですheart04

2013年1月16日 (水)

Ritti Bearさんに納品しました!

Imag0499aなんだか冬休みペースがぬけず、またご無沙汰してました。

スミマセンcoldsweats02

月曜日はすごい雪でしたが、この写真なんでしょう?

息子作の雪だるまsign02だそうです。

高学年にして、これ??なぜちりとりをかかえてる??

かなり独創的ですimpact

さて、Ritti Bearさんにパンダちゃん3体を納品いたしました。

今日当たり、届いていることでしょう。

すべて梱包し終わってから気づいたのですが、撮影し忘れました・・・

Ritti Bearさんにアップされたら、確認おねがいしますflair

Imag0501a_2

ベア写真がなかったので、ここで一枚。

今日は、気まぐれにちょっと大きめベアを作ってました。

いつものサイズのパンダちゃんと並べると、こんな感じ。

ひとまわり大きくなりましたhappy01

次はこのバランスでパンダちゃんを作りたいと思ってます!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへ
にほんブログ村        ぽちっとしていただけると、うれしいですheart04

2013年1月 8日 (火)

今年もよろしくお願いします

Imag0494みなさん、こんにちは。

新年のごあいさつに出遅れてしまった感いっぱいな時期まで更新を怠ってしまいましたcoldsweats01

今日から小学校もはじまり、やっとhanahana始動でございます。

どうぞ今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

さて、初縫いの記事をあちこちのブログで見かけ、何からやろうかなぁ…なんて考えていたところ、すでにやってしまったことに気づきましたbearing

学校に持っていく雑巾を作ってしまいました~。

なんだかパッとしない初縫いだなぁsweat01

今年も、かわいい子をたくさん生み出せるようにがんばりますsign03

にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへ
にほんブログ村         ぽちっとしていただけると、うれしいです!

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »